弥生時代の楽器!?『土笛』について知り、自分だけの音色を奏でよう‼

下関市立考古博物館では、学芸員による解説を聞き、土笛について知ることができます。

土笛は、昭和41年(1966年)に下関市立考古博物館に隣接している国史跡「綾羅木郷遺跡」において、日本で初めて発見された弥生時代の土製品です。その独特の形や特徴から弥生時代の楽器として考えられ、地域を代表する考古資料の1つです。


開催情報が決まり次第、お知らせいたします。

イベント名:体験学習「土笛づくり教室」
日   時:未定
場   所:下関市立考古博物館 講堂
対   象:小学生以上(小学3年生以下は保護者1名の同伴が必要です。)
      ※幼児の参加をご希望の場合はご相談ください。
定   員:各回参加者10名程度(申込先着順)
      ※参加者1名につき同伴者1名まで可
      ※幼児の同伴をご希望の場合はご相談ください。
参 加 費:参加者1名につき400円
申   込:受付期間は各回の実施前日まで。
問い合わせ:下関市立考古博物館 ☎083-254-3061