弥生土器と同じ文様を粘土にデザインしてみよう‼

下関市立考古博物館の周囲に広がる国指定史跡綾羅木郷遺跡。そこからみつかる「綾羅木式土器」は、羽状文や木葉文といった多彩な文様が施されることが特徴です。どんな文様があるのかを知ると、土器鑑賞もさらに楽しめること間違いなし⁉

本体験では、実際の土器に見られる文様を粘土に刻み、オリジナルのペンダントを作ります!ペンダント以外にも、オーナメントやコースターなどにしてもOKなので、ぜひ自分だけの土器文様プレートを作成してみては?

参加者募集中‼

イベント名:体験学習「土器文様ペンダントづくり教室」
日   時:令和3年 11月3日(水曜日・祝日)
      ①10:30~12:00
      ②14:00~15:30
      ※いずれも内容は同じ
場   所:下関市立考古博物館 講堂
対   象:小学生以上(小学3年生以下は保護者1名の同伴が必要です。)
      ※幼児の参加をご希望の場合はご相談ください。
定   員:各回参加者10名程度(申込先着順)
      ※参加者1名につき同伴者1名まで可
      ※幼児の同伴をご希望の場合はご相談ください。
参 加 費:参加者1名につき400円
申   込:受付期間は各回の実施前日まで。
問い合わせ:下関市立考古博物館 ☎083-254-3061